読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋台裏ノート

OZMAFIA!! 感想・考察なぐり書き

【アニメ第2話感想】飴と鞭と救済

はいきた!キリエ先生きた!

アニメOZMAFIA!!第2話「救済」

OZMAFIA!! 第2話「救済」 アニメ/動画 - ニコニコ動画

見逃し配信がないと死んでしまう方の領民。最新回より一週遅れて追いかける。
「救済」というタイトルに先週からそわそわしている。

第2話の感想です。ゲーム本編のネタバレはありません。
思ったまま書いていますが、感想記事の書き方を模索中です。

わかってきた?「オズ学園」

  • スカーレットは2年A組
  • 寮に住んでいる
  • 自炊してる(食堂のおばちゃんはまだ先?)
  • 買い出しに行ける場所(町?)がある
  • カラミア先生の「校外学習」とは(グリム?ねえグリム??)
  • キリエ先生は数学担当?
  • 学園内に図書館がある
  • 学園の外には山、森、ぽつぽつと家屋、鐘楼みたいな塔(!)、湖がある
  • 道はレンガ舗装

今回、転入してきたスカーレットの学園生活がスタートしたことで「学園」の輪郭が見えてきた。
キャラクターはまだスカーレット、カラミア先生、キリエ先生。今回はアクセル先生いなかったね。

キリエさんキリエさんキリエさん

「ごめんで済んだら警察もシールズもデルタ・フォースもいらないんですよ」
わあ
キリエさんだ

このシールズはネイビーシールズなのかS.H.I.E.L.D.なのか……まさかSEALDsではないでしょ( 'ω')
(追記、ピンポイントで答えがきたよ)

新しい台詞のたびに毒舌の語彙で圧倒してくるキリエさんがとてもキリエさん。はあキリエさん。

と、これはいつものキリエさん。
それが、カカシさんが出てくるとアニメのキリエさんになった。

アニメナイズ、「カカシ」というモチーフがゲームよりも強く組み込まれたデフォルメがとても新鮮。
確かにカカシは片足で立ってるなと、3年経って初めて思わされたキリエさんのステップ。身軽にくるくる回るキリエさんとかレア。あんなぴょんぴょんするのかわいすぎてびっくりしたんだけど、そういえばカカシだったなとなんだか納得させられて着席。

そこに最後の等身キリエさんが出てきてやたら色気を放っていたせいで気持ちが忙しないまま2話が終わっていきました。ほんとCパートは声も絵も最高なので呆けてしまって一度では頭に入ってこない。

見直しながら感想メモ

うなだれスカスカ……オズ学園ってどんだけ難しいんだろう。
ついゲームのスカスカの頭の良さ基準で見てしまう。

カラミア先生が声をかけた後ワンテンポ間が空くのが気になる。

「よしよし」……!私もカラミア先生によしよし言われたい。

カカシが!影がカカシ!
片足立ちというカカシらしいデフォルメが効いてるのたまらない!

二人の仲裁をするスカスカってのもアニメだな~かわいい。

「ポンコツ編入生のおチビさん」
「数学の初歩の初歩のド初歩ですよ」

スカーレットを見下ろすキリエ先生を一緒に頭の上から見る構図、
逆におもいっきり見下ろしてくる目線を受けるあおりの構図。
たまんないーこういうのアニメらしくてたまんないー!

なんかスカスカかわいそうになってきた……。

><!

キリエ先生立ち姿お美しい。

カラミア先生とキリエ先生、見事な飴と鞭……見事だ……オズマフィアだ……。

キリエ先生くるくるってした!
カカシってこんななの!ちょっとびっくり。

カカシ対ライオンめっちゃかわいい!めっちゃかわいい!

しょんぼりライオンめっちゃかわいい!カラミア先生のしっぽかわいい!
(いつかシーザーさんにもしっぽ生えないかなって夢がちょっと近づいた気がする)

なんだ、ライオンとカカシはさわれるのか。
なんだこの……なんだ?

「Get into mischief」のアニメアレンジがおもちゃ箱みたいでわちゃわちゃわちゃわちゃ最高

ほしゅうぶ……補習部、とは。

あーアップのキリエ先生もお美しい。

エンディング曲が変わった。
「If the World Gives Up」Article One

ひいい街が綺麗!キリエ先生も綺麗!
うう覚悟します……!

2話を見た感想

タイトルの「救済」はまあ、スカーレットの成績不振を救済するための補習部ということでした。これから始まる補習部はきっと実質キリエさんの遊び場みたいなものなんだろう( 'ω')

動くデフォルメも見慣れてきたと思ったけどやっぱりかわいいかわいいでごろごろしてしまう。大きい顔で表情がはっきりと見えるので感情移入の度合いが強くて楽しい。

まだ2話なのでまだまだ普通に楽しんでいる。これがどういうストーリーになって、もっと酔いきった大仰な言葉で語らせてもらえるのかうずうずする!

なんでこんなに安心して楽しんでいるのか、理由のひとつにエンディングのフーカがあるかもしれない。「フーカ」が出てこない世界はドラマCDでもあったけど、やっぱりゲームの主人公はフーカで、アニメとはいえフーカが何処かにいて欲しいというのが正直なところ。アニメではエンディングにそれらしい女の子がいることで、この世界にも彼女が存在しているんだと安心して、スカーレットを見ていられるんだろう。
真相的にも、どんなパロだろうとフーカはいてほしいな~と思う派。その向こうに、あの子もいてほしい。

もうひとつ大きいのは、脚本をゲームシナリオのゆーますさんが書いていること。始まる前から一番アニメに対して信頼できた要素で、実際に見ていてもアニメを「オズマフィア」の延長としてあまり違和感なく受け入れられていることが嬉しい。

今回のカラミア先生とキリエ先生のやりとりがゲームからずっと続く安定のテンポとバランスで、積み重なる会話にたまらなくオズマフィアを感じる。アニメだとそこに巻き込まれるのが主にスカーレットになるのかな。そこは新鮮で、フーカやアクセルとも違う仲裁(とばっちり)があるんだろうと期待しているところ。

次はアクセル回かな。
またあっという間の4分でした。

次までにこれを読みます。グリム学園ってなに!



おわりヾ(⌒(_•ω•)_

アニメ「OZMAFIA!!」公式サイト

Icons made by Freepik from www.flaticon.com is licensed by CC 3.0 BY